銀行ならではの借入のメリット!相談するなら銀行に限るでしょ!

銀行ならではの借入のメリット!相談するなら銀行に限るでしょ!

銀行と消費者金融の違い

お金を借りるなら銀行・・・銀行でお金を借りるというのがぴんと来ない人も多いようです。
銀行でお金を借りる=住宅ローン
そのような考えを持っている人も多いようです。いわゆる銀行はお金を借りることができるけれど、何か大きなものを買うときにローンを組むところだと思いこんでいる人も多いようですね。
確かに、以前はそのような傾向があったように思います。
もちろん今でも住宅ローンや教育ローンなどの大きなお金が動く局面でローンを組むというのは変わらないのですが、それだけでなく少額の借入にも対応するようになりました。
私たちがちょっとしたショッピングや旅行などでお金が必要だというときの借入のことです。数万円〜数十万円の借入にも対応しています。

 

一方、消費者金融は少額の借入には以前から対応しています。と言いますか、少額の借入がメインです。
中には数百万円の借入も可能ではありますが、現在消費者金融で数百万円の借入をしようとしたら、その3倍の年収が必要です。
100万円の借入であれば最低年収300万円必要ですし、200万円の借入であれば600万円の年収が必要というわけです。
このような年収による借入額の決定は銀行にはありません。

 

今では銀行も消費者金融も少額の借入はできるのですが、消費者金融は年収によって借入額が決まってしまうということが言えます。
ですから、収入が0円という人は0×3倍=0ということでお金の借入はできません。
しかし、銀行であれば審査にとおれば借入ができます。

銀行の金利

銀行の金利について考えて行きましょう。

 

いわゆる使い道が限定されない借入であるフリーローンは手続きも簡単というのもあって金利はやや高めです。
高めというのは、銀行のその他のローンと比較して高めということです。
使い道が限定されるローンである「住宅ローン」「教育ローン」「カーローン」などは購入明細書の提出などが必要になるために手続きや準備は面倒です。
しかし、それらのことに対しての融資なので金利は低めです。

 

とある銀行の住宅ローンや教育ローンの金利について見て行きましょう。

 

  • 住宅ローン〜変動金利2.475%、固定金利20年3%、10年2.70%
  • 教育ローン〜変動金利3.475%、固定金利4.30%
  • フリーローン〜100万円までの借入14.0%

 

このような差があります。結構大きな金利の差があることが分かります。
フリーローンで見てみると消費者金融では〜100万円までの借入は18.0%であることが多いので、銀行のフリーローンの金利は住宅ローンの金利などに比べると高いのですが、
それでも消費者金融のローンと比べると金利が低いと言えます。
銀行の中でもネット銀行は一番金利が低いので、上記の金利よりも低いことが言えます。

 

わかりやすい消費者金融の比較

銀行は収入がなくても借りられる

銀行の借入のメリットは、消費者金融の借入と比べて金利が低いことはもちろんですが、そのほかにもメリットがいくつかあります。
それは、銀行は収入がなくても借入ができるということです。
消費者金融は収入がない人に融資をすることは絶対にありません。それは、消費者金融が総量規制対象のため。

 

総量規制の対象ということは、いくつかのきまりはあるものの、収入の1/3までしか借り入れができないというきまりがあります。
ということは、収入がない人は借入をすることができないということです。
ですから、銀行の借入は収入がない人でも借り入れの申込ができる。申し込み後に審査がとおるかどうかは分かりませんが、申し込みの条件は満たしているのです。
しかし、最近は収入がないと借り入れができないという条件を設けている銀行もちらほら出て来ました。
このような銀行の借入れ条件は、原則として収入のある人〜というような規定を設けていますが、それぞれの銀行でその規定の詳細は異なるでしょう。
もしかすると、専業主婦であれば配偶者の収入によって借入ができるかもしれないし、そうでないかもしれない。
借り入れしたいと思った銀行の借入れ条件の詳細を調べてみましょう。

銀行には目的別ローンもたくさんある

銀行には消費者金融と違って、目的別のローンがたくさんあります。
それぞれのローンについて見て行きましょう。

 

住宅ローン

住宅を購入するときに多くの人が組むローンのことです。固定金利と変動金利があり、変動金利は金利が変更されるというリスクがありますが、決して悪いことばかりではなく金利が下がることもあるのです。金利が低いときにまとめて返済することができれば、少しでも支払いが少なくなります。
住宅を購入するときにローンは手取り年収の25%が妥当な数字と言われています。
例えば、ボーナスなしで毎月の手取りが30万円という人の場合は、毎月の支払い額が75,000円までが妥当な返済額と言えます。

 

教育ローン

主に大学や専門学校などの入学金や授業料を教育ローンとして借りるという人が多くいます。国の教育ローンなどもありますが、それらは年収が基準値以下とか高校の成績が一定以上ないと借りることができないようになっています。また、借りられる金額もそう多くありません。
よって、その金額で足りない場合もしくは借りられなかった場合には銀行の教育ローンを借りることになります。
今はあらゆる場所で貸し付けを行っている奨学金や教育ローンを借りている大学生などは40〜50%と言われています。

 

わかりやすい消費者金融の比較

参照リンク

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ